コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

子どもにとっても親にとっても受験は成長の一つ

 

 

受験を迎えている我が家の長男

うちの息子と私たち家族は

周りできくような反抗期の時期ではなく。。。

どちらかと言えば仲がいいかも

しれません

 

反抗期が早かったのですよね

小5辺りから態度が悪かったです。。。

中2になると大人になったなと

感じることが多かったかな

 

なのでぶつかったりすることもなく

何を考えているかわからないとかもなく

割と素直に話せています

 

共働きのため 結構自分のことは

自分でできているかな

でも ちょっと過保護なところもあります

 

そんな私たちにとって 長男の初めての受験は

彼にとっても私たちにとっても

なんだか成長の一つだったような

気がします

ダメでもいいんですよね

 

受験は人生初めての試練なんです

それを真っ向から勝負してみる

それでいいんだと思います

 

定期テストに一喜一憂し

中1の頃は勉強とは何のためにするものなのか

将来のためにはどういうことをすべきなのか

まだただの少年に絵を描いて

図にして説明してきました

 

君が望む未来

なりたいもの

大人になって得られる賃金

結構詳細に説明してきたつもりです

 

彼の中で中1が過ぎ

中2になり 変化が見え始め

中3になり 彼の姿勢が変化して。。。

 

塾の教科も増え 自分で行く日を管理して

中3になってからは 親が口を出すことが

減ったと思います

 

そんな彼にとって

初めての試されている一歩

ここで私立になったとしても

いいとも思うのです

私立には私立の利点があってそこは

彼にも説明しているし

オープンスクールのときにも

色々見て知ることができました

 

sakurakokun.hatenablog.com

sakurakokun.hatenablog.com

 

 

sakurakokun.hatenablog.com

 

 

sakurakokun.hatenablog.com

 

早く受験なんて終わらないかなと

ずっと思ってきましたが

その日がくるとあっという間だったなと

感じます

 

話し合ったり 時には怒ったり

一緒に喜んだり 不安だったり

共にドキドキしたり 緊張したり

息子にとっての初めてを私たち家族も

一緒に感じてきました

 

体調管理だったり 塾の送り迎えだったり

定期テスト週間は 家のことも言わず

ただただ美味しいものを作って。。。

 

はらはらするのも親だからですよね

そうやって親として色々体験させてもらって

いるなと感じます

 

生まれてから 沢山はらはらしてきました

でも今のこの瞬間は彼の長い人生にとって

まだまだほんのスタート地点の1ページ

何が決まるわけでもないように思います

 

生まれてすぐに おもったこと

彼が丈夫であれば何も要らないと思ったこと

それが今でもすべてであります

 

言えることは

私たちはいつでも君の味方だから

どんなときも支えるよってことでしょうか

けど、それもまぁ何歳まで。。。とある程度

期限付きでお願いしますって感じですね(^^;)

 

 

 

 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ