コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

家族が癒しになります 家族が味方です

 

スポンサーリンク

 

仕事をしていると嫌なことは

あります

40年以上生きているのですから

嫌な人にも会ってきました

職場で嫌なこともありました

 

今 子供たちが14歳と12歳になり

夫を含め 4人でご飯していると

ほっとします

 

私にとって 家族は味方です

夫に仕事のことを愚痴ると

ひとつ もやもやが晴れます

子どもたちと食事のことや

テレビのことで

やんややんや話していると

ほっとします

 

大人の世界の嫌なことから

離れることができます

 

子どもにとっても

私と夫は 味方でいます

いつどんなときも

夫にとっても私は味方でいます

 

沢山の人との関わりはない

我が家かもしれませんが

家族がそれぞれを信頼していて

家族が味方であるという認識は

一つだと感じています

 

嫌なこと 理不尽なことが

あった時

私には愚痴れる相手がいます

 

夫、職場の同僚、元同僚、

友人、元先輩 そのほか・・・

あまり交際関係が広くないと

思っていましたが

いざとなると話ができる人が

いるんだなと思うと

ありがたいなって思います

 

その人たちの話も聞ける相手で

いたいと思います

 

愚痴でもいわないと

やってられないわってこと

やっぱりありますからね

 

 

スポンサーリンク

 



ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

 

中二 英検準二級の結果

 

スポンサーリンク

 

先日の英検準二級の結果がかえってきました

 

 

sakurakokun.hatenablog.com

 

 

sakurakokun.hatenablog.com

 

結果は不合格です 

1239点 でした

合格基準は1322点

 

内訳は

Reading 409/600

Listening 427/600

Writing 403/600

 

どれも一応400点はありましたね

そうだなぁ

ライティングをもう少し強化して

次の試験トライしてもらおうかなと

考えています

 

 

英検準2級ライティング大特訓

英検準2級ライティング大特訓

 

 

今年から中学に入る娘の

英検3級もスタートしていくつもり

なので二人の受験料がかかりますね

 

準2級 5200円

3級  3800円

 

二人で9000円ですね(^^;)

ダメもとで受けるにしては

結構かかります

頑張ります 私も やりくりで

 

 

スポンサーリンク

 



ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

娘のバレンタインも無事終了

f:id:sakurakokun:20190216133522j:plain

 

 

スポンサーリンク

 

今年も友チョコ作りが無事終わり

みんなに配れたみたいです

 

今年は簡単に溶かして固めるという

チョコレートにしたので

ほぼ一人で仕上げていました

 

友チョコ いやなお母さんもテレビを

見ていたら多いみたいですね

 

私はチョコレート作りしていた方のなので

これも女子の通る道だと思い

『有り』派です

 

女の子 甘いもの かわいいもの

好きなのだから

いいじゃないのかな

 

20人も30人も作る人は

大変だと思いますが

うちは10人くらいだったので

費用も2000円以内でした

 

 

sakurakokun.hatenablog.com

 

お返しにもらってくるチョコレート菓子は

とっても上手に作っているものもあり

それにはお母さんの手助けがあるのだろうなと

感じました

 

 

それぞれのバレンタイン

子どもたちが楽しそうで

私も幸せな気持ちになります

 

 

スポンサーリンク

 



ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

夫婦間でお金の話と報告はしておく

 

スポンサーリンク

 

家計を管理しているのは私です

年末にその年の大体の貯蓄額を

報告したりします

 

月々の家計については

食費にいくら使っているかとかは

彼は知らないのだけれど

子どもの塾代にこれからいくらかかるか

毎月いくら払うかは話しています

 

大きな買い物をすることは

ほとんどないのですが

〇〇万で〇〇を買いたいというと

夫が探してくれる感じです

 

旅行に行くときも

沖縄にいくらかかったかとか

夫は知らないです

そういう質問は今までされたことも

ないです

 

家計がどうなっているのか

わからないって話を聞いたので

お金の話しないのですか?って

話になりました

 

くらたまっているか

知らない人もいました

 

お金って心の余裕につながります

ケンカの原因にもなります

 

夫婦の関係で互いに教えない

知らないというのは良くないなと

思うのですが

お金があると教えてしまうと

使おうとするからダメだという

家庭の問題もあるでしょうし

 

奥さんが何かしらの理由で

教えたくないということが

あるのかもしれません

 

旦那さんが家計管理をしている家も

あります

収支報告をしているのかは

わかりませんが その場合は

秘密口座を皆さん持っています

 

奥さんは家計を教えず

貯金額を教えず

夫は秘密口座があるという・・・

それも現実の世の中ですね

 

何がいい 何が悪いという

答えはないでしょうね

それぞれのご家庭のことだから

 

そういう認識の感覚を

人は会話の中で 他の人はどうなんだろう

という疑問を解決していくのかなって

思います

 

我が家は そういう意味では

オープンなのかな

 

最終的な目標は老後に困らないことが

やっぱりゴールなので

年金スタートも68くらいになっている

でしょうし

資産を減らさないよう ある程度

余裕のある生活が送れるように

考えながら生きているというところです

 

 

スポンサーリンク

 



ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

女性が社会で生きること

 

スポンサーリンク

 

グッドワイフのシリーズを見ていると

時々 ぐっとくる台詞があります

 

sakurakokun.hatenablog.com

 

アリシアが勤める弁護士事務所で

パートナー契約に昇格する時の話

出資金みたいなものを出さないといけなくて

お金を集めるためだけにパートナーに

選んだのではないかと疑心になっていた

アリシアにボスの女性 ダイアンが

声をかけるのです

 

女性は叩き続けたドアが少しでも

開いたら 閉まる前に滑り込むのよ

っていう感じのことを

言っていました

 

それだけ女性の前にチャンスが訪れることが

男性と比べてないのだろうな

アメリカは日本より何歩も進んでいる

でしょうが それでも

そう感じることがあちこちであるのでしょう

 

最近私も女性を下に見ている発言を

会社で見聞きしました

30代の男性からの発言でした

 

世の中が変わっていく中で

女性管理職はまだまだ少ないけど

こういう男性がいると

本当に厄介だなぁと感じます

 

プライドが高いのだろうなぁ

 

女性が自分に意見するのが

許せないのだろうなぁ

既婚者だけど 

この人家で奥さんの意見

聞かないだろうなぁと

勝手に想像しています

 

女性が社会で生きるって

すごく大変だなって改めて感じる

 

働いて 家のことして

子ども育てて 

 

私のことはもうある程度の

年齢が過ぎたので構わないのですが

娘の時代になって もっと

女性が働きやすい環境になっていて

くれたらいいのになと願います

 

男性が変わらないといけない部分

大きいと思いますね

 

夫は柔軟な人だし 仕事も家のことも

効率よく動くタイプです

夫みたいな人も沢山いると思うので

娘もそんな人と一緒になって

二人で働きづめじゃなくて 二人で

ぼちぼち家庭を守っていくスタイルに

なってくれたらいいなぁ

 

だなんて。。。

 

夫は働いて 奥さんは家を守ってという

スタイルでは もうないのですよね

 

女性だって 少しでもその目の前の

ドアが開いたら すべりこんで

『自分の力』で勝負して生きて行ってもいい

と思います

 

 

スポンサーリンク

 



ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

残されたサラリーマン年数×収入額

 

スポンサーリンク

 

私と夫は会社員なのですが

一応60歳が定年だとしたら

定年までの年数の方が近くなりました

 

30代で家族の人数と家を持ち

40代で子供の教育費を考え

50代で老後を考えるという

流れになるかなというところです

 

夫の昇給の具合はまだ余地がありますが

私の収入はこのまま少しだけ上がる位

だと思います

 

そうなると

残されたサラリーマン年数×二人の概算収入額で

私たちが管理するお金は

自然と見えてくることになります

 

そう考えると ちょっと怖いですね

 

家のローンについては

心配はしておらず夫50代で返済予定に

しています

 

一番大きな部分は

子どもの教育費なんでしょうね

ここにどれくらい支払うかは

夫婦の答えは合わせておく必要は

あるとは思っています 

とか言いながら

子どもへの考え方は普段から

口にしているので

夫は特に我が家が傾かなければ

問題はないというところでしょうか

 

私も夫も親から教育費をかけて

もらってきたと思います

それを当たり前のように受けてきた

まったくわかっていないタイプの

二人だったので

今親になって 親の思いを感じながら

同じ役目を子供にしていこうと

思っています

 

リビングに家族の写真を飾っています

 

小さなアルバムがあったり

家族写真をスタジオで写したり

旅行をフォトアルバムにしておいています

 

夜 晩酌しながら夫と子供が小さい頃の

写真をみていると

とにかく かわいいね かわいいねって

親ばかながらに二人で笑ってみています

 

大きくなったなぁって 顔つきがかわったなって

変化を寂しくも 嬉しくも 両方の気持ちで

とらえながら見ています

 

この二人のためなら

まだまだ頑張れるって 思うのです

 

 

塾の先生へメールしてみる

 

スポンサーリンク

 

中三になったらコース変更をしようと

考えているので

塾の先生にメールで連絡してみました

基本 働いているので連絡が帰宅後になりますが

そのころは先生方はちょうど忙しい時間帯

だと思うので いつも希望的連絡はメールに

しています

 

意外と休みの日でも夜でも返事がくる・・・

 

〇今後の息子のこと

〇今後の娘のこと

〇春期講習のこと

 

などを書いてみました

そして

まぁ ちょっと聞いてみる程度で

この辺の私立高校と公立高校のことを

質問してみました

 

2020年以降のセンター試験制度は

廃止になるので

どういう進め方がいいのかなぁって

まったくわからないので

わからないまま ちょっとご意見を伺おうと

書いてみましたが

私の希望するピントの合った返事がくるか

どうかはわかりません

 

親身になって これからの入試などを踏まえて

一緒に考えてくれるか さぁわかりませんねって

感じで終わるのかは わからないです

熱い教室ではないので・・・

 

中学になって塾選びは悩みました

塾の方向性や子供の合う合わないはあるでしょうね

 

クラブ活動のように なんか先生がやけに

親しくて 褒めるばっかりで 子供に火がつかず

受験後に卒業お出かけを企画してUSJに行く

ところもあるみたいです

なんじゃそりゃ?

それで子供が上手くやり遂げればいいけれど

結構ふにゃふにゃなままだったとか

 

流行りのものに飛びついたり

頑張るより楽しむことが好きだったりする

タイプの子どもはこういうところが

好きだったりします

 

 

プレジデントFamily(ファミリー)2019年01月号(2019冬号:算数に強くなる! )

プレジデントFamily(ファミリー)2019年01月号(2019冬号:算数に強くなる! )

 

 

 

私、昔 塾の講師しておりました。

1年半くらいです

その塾は大手ではなく 一軒家を教室にしている

塾でした

親身に付き合ってくれる教室でした

 

勉強を真面目に取り組みたくない子は

とりあえず 話を脇道にずれることを期待して

質問したり答えたりします

自分に注目を浴びたかったり 面白いことで

笑わせたかったり

勉強したいタイプの子たちとは別クラスになります

 

それでも塾が学校でも部活でもない

別の居場所として子供の中で良い意味で

居場所になっていた感じはありました

多感な年齢ですからね

 

昔から塾のタイプは色いろありましたが

今は動画受講 タブレット問題などが進み

本当に多様化していますね

 

個別学習も昔より価格は下がっているのでは?

それでも高いのかしら?

 

集団で授業を受ける先取り学習タイプ

個々に問題を解き進めていくタイプ

進学塾 補修塾っていうのかな

 

もちろん学習を進めるための場所だけれど

人として関係が生まれて 一人の大人が

一人の子どものメンターになる場合も

あります

(メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者)

 

私も今一人だけ 年賀状や私生活で

つながっている女の子がいます

もう 彼女も結婚して子供もいるけれど

彼女にとって きっと私は年齢が近い

信頼できる大人だったのだと思います

私はその後も彼女の思いを裏切るような

ことはしていないし 人ってそういう関係性が

時として必要だったり いい出会いだったり

するのではないかな

 

10代の子は思い悩む年ごろだから

 

でもそれを逆手にとっていい人のふりをして

近づく悪い大人もいるから そういう事件や

話題は嫌いです

 

息子は塾ではまったく私語してないと思うので

そういうところはかたくなな男ですワ

いいところでもあり もうちょっと。。。と

思うところでもあります

 

影響受けすぎるのも不安だけど

良いところも一切吸収してこないのも

もったいないかな

 

 

スポンサーリンク

 



ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村