コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

私立高校のメリット 国際交流

 

スポンサーリンク

 

子どもが受ける私立高校は

国際交流が盛んな高校です

国際コース的なものもあります

 

英語での授業が主で

スペイン語やドイツ語の勉強も

あったりするそうです

 

そのコースは英検3級や準2級の子たちが

受験しているそうですね

進学は外大などになるそうですが。。。

 

この学校は国際交流が多く

最近も韓国 大邱の高校生が

一週間来ていたとか

オーストラリアやカナダなど

海外の高校生が日本に来る体験が

したいと言った際に

この高校はお話しをもらった場合

ほぼ断らないそうです

 

その代わり 保護者の方に

ホームステイをお願いすることが多い

そうなんですけどね。。。

 

最初は皆さん嫌がられるけれど

ホームステイの最後はみんな涙のお別れで

受け入れて良かったといわれるそうです

 

この学校は常に海外の体験学習の生徒が

来ていて その一人一人に

バディというパートナーを付けるそうです

学校の案内 授業のヘルプなど

バディがお世話係となって案内するそうです

 

その取り組みの回数が多いので

彼らも自分達のことを見直す機会が増えますし

日本について 自分達について理解を深めて

伝えることに取り組むことが出来るそうです

 

私立ならではですね

 

英語を使うことが身近になりますし

伝える努力をすることで 毎回良い形になるでしょうし

回数をこなすことで経験が出来ますからね

普通の高校生だったら 自分から

歩みよらないと そんなに国際交流ができない

と思います

 

そういう積み重ねが国際人を作る基礎になると

思うので良いなぁとは思いました

 

 日本はいづれ人手不足になります

もう なっているのですが。。。

コンビニの定員さんは 勉強しにきている

外国の方が多くなっていくでしょう

都会や沖縄はすでにそうなっていますよね

 

海外の方を受け入れなければ

日本は回らない

そんな時代が来ることは

見えていると思うのです

 

英語が苦手

海外の方が苦手

いつまでもそんなことを言っている

場合ではないと思っています

 

 

 

スポンサーリンク