コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

英検3級 Writing勉強に付き合う

 

スポンサーリンク

 

英検が近くなりました

娘が今回英検を受けます

本当はもう少しはやく受けさせたかった

けれど 中一になってしまいました

 

子どもたちの地域は高校受験に

推薦がありません

推薦があればがんばって英検も

とるのでしょうけどね

 

息子が受ける私立には

英語専門のクラスがあり

英検3級は受験条件に入っています

もしくは英語がずっと4か5など

 

とりあえず 何のために受けるのかと

言えば 自分の能力を判定してもらうため

 

彼らが努力している証を残すためでしょう

 

英検には2017年あたりから

ライティングが含まれます

〇リーディング

〇リスニング

〇ライティング

 

私が思うにこのライティングが

入ってくれたから 息子も受かったような

気がします

 

英検3級のライティング問題は

1問くらいです

 

筆記試験の50分のうち

この1問にかけることが出来る時間は

大体15分くらいだと言われています

 

まだ受けたことのない

娘に対してまず予備知識として

内容を説明しました

 

テストにおいて

予備知識というものがどれだけ

大事か。。。

知らずに向かって 初めてのものが

出てきて どう処理すればいいのか

わからない間に試験時間が過ぎるより

これだけ 情報が簡単に手に入るのですから

先に情報を入手して 敵(敵なのか?)の

出方をリサーチしておけば

こちらも策が練りやすいというものです

 

だから今の時代の子はいいなぁと

つくづく思うのですよね

 

英検受けなさい~

勉強してるの?

参考書あるでしょ?

これだけでどれだけの子が

確実に前に進めるでしょうか?

 

私は親ばかを自負しています

子どもによりよく高いところに

上ってほしいのなら

親も一緒に戦ってもいいと思います

 

うちは小学校や中学校でお受験していない

のでわかりませんが

お受験の親御さんは本当にそこまでするのかと

いうくらいサポートしていますものね

 

というわけで 週末は家事を終わらせたら

せっせと子供の英語に付き合う私です

 

eigonotomo.com

 

説明に使ったサイトはこちら

どういう問題がでて どういうことを

気を付けるのかが書かれています

 

質問は1問

あなたについて聞かれます

その答えを書きます

理由を二つ述べよとあります

語は25~35語くらいで書くようにとあります

 

簡単な質問だけれど

どうこたえるか

答え方の形もあるのです

それらを練習問題とともに練習しておくことが

大事ですね

 

息子や息子たちにこうして付き合える時間が

宝で 私たちの思い出になるのだろうと

思います

マンツーマンの時間

私が忙しいフルタイム母親なので

彼らのためだけに空ける時間

互いにくだらないことで笑う時間

 

こういうことについてきてくれる

子どもにも感謝だけれど

この時間があるから彼らが私に反抗しない

理由なんですよね

 

親から教わっているという思いがあるとき

子どもは反抗できないものです

 

飲み会とか ご飯のお誘いとか

興味がなくなりました

夜のお出かけもワクワクしません

平日は働き 週末は家族と過ごす

私の当たり前の当たり前に幸せな

時間です

 

 

スポンサーリンク