コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

私立高校入試が終わりました

 

スポンサーリンク

 

息子の私立高校入試が終わりました

 

sakurakokun.hatenablog.com

 

 

正直 どれくらい私たちが緊張するのかと

以前は思っていましたが

私の仕事も年明けから忙しいのもあり

職場に行ってしまえば

家族のことを忘れるくらいです

 

それでも近づくにつれ

日々の体調には敏感になりますね

喉は痛くないか?

頭は痛くないか?

風邪の兆候はないか?と

毎日朝に確認する次第です

 

マヌカハニーも朝晩出てきます(苦笑)

 

一応カツどんを試験前に作りましたが

そんなに緊張させても仕方ないですからね

 

普段通りに過ごして

テレビをみたり話したりです

 

朝は早めに起きました

お弁当を作ります

いつもより若干丁寧に??

実母から送ってもらった

キットカットを一緒に入れます

メッセージも 大丈夫と書いて。。。

 

頑張ってとかってちょっと

プレッシャーかけますからね

もういいじゃない?って思います

 

やることやってくればいいよと

とか言いながら

点数が良かったら学費が割引が

あるのよ!と冗談言ってみたり

いつも通りです(^^)

 

バスの送迎があり そこまでは

夫が送ってくれました

早めに行っておきたいという慎重派の息子

待ち合わせには早めにつきたい人です

そういうところは夫に似ましたね

 

15分早いと誰もいなかったとか。。。

夫はそのまま仕事へ。。。

メールに誰もいなかったとあったので

ちゃんと行けたのか不安でしたが

先生からも連絡はなかったので

ちゃんといけたのだと思いました

 

先生は引率はしませんが

バスの送迎場には点呼係として

いてくれたそうです

ちょうど担任の先生だったので

安心したでしょう

 

息子の担任はおじちゃん先生

ほぼ定年間近かな?

とても温かく 子供たちも反抗しようとも

思わない相手だと思います

 

一日に5教科をこなすので

とても頭を使ったと思います

帰りはどなたかのお母さんが乗せて

くださったそうで。。。

感謝します☆

 

そのおかげで人の優しさに触れ

息子は夜の塾にも行っていました

私は休めば?と言ったのですが

学年末テストが近いので行くとのこと

彼はそういうところがきちんとしている

 

家では いやだー いやだーと

言いつつ

行くのですよね

やるのですよね

 

だから家でうだうだ言っているときは

はいはい よしよしと聞いています

そして 美味しいものを作って

お風呂にも長く入ってよしとしています

 

嫌なことがあっても

美味しいものがあって ほえーーと

思えるお風呂があり

そして頑張る

 

親の私たちも同じなのですが

子どももそうなのだと思います

幸せだと感じる瞬間があれば

頑張れるものです

 

とりあえず一つ山を越えました

多分私立の方は受かることは受かるので

行くところがあるということで

安心しています

 

特待生とかだともっといいのだけれど。。。

それは親の欲目ですね

彼が高校生を満喫できればいいのだと

思います

 

 

スポンサーリンク