コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

中3息子が中1娘にアドバイス

 

スポンサーリンク

 

中3息子が娘の進研ゼミの問題を

気に入り解いたりしてました

 

中1の時にこっちに気付いて

させてあげればよかったのかなと

そんな話をしたりして

 

でも ふと考える

いやいや あの中1の頃の息子

人の話を聞かない頃でした

 

今は中3になって

何か私が言っても

(∀`*ゞ)エヘヘ

的な受けごたえで こちらも

あちらも衝突しませんが

あのころの息子は違いました

 

言っても聞いてるのか

届いているのか

わからないムスっとして

いなくなる。。。

そんな頃だったのです

 

だから娘のようにこれを使って

頑張ってみよー!

うん、やってみる!

というような前向きな話し合いが

出来るわけがなく

こちらも言ってて むなしくなると

いうのか

でも親が諦めたら終わりでしょうと

彼に合う方法 彼が目覚める言葉

色々取り組んでみました

 

彼が変わったのは

やっぱり

沖縄に一人で行かせたイングリッシュスクール

からだったように思います

彼の反応が大人になりました

親の言葉を態度はまだあれでしたが

聞いている感じになりました

 

そして嫌がっていた塾も受け入れて

通うことになりましたし

塾に通い 点数が上がることで

多少なりやる気が出たようです

 

今の娘には娘に合ったやり方

息子には息子に合ったやり方や

気づくきっかけがそれぞれ

あるのだろうと思っています

 

彼らに任せるにはまだ早いと

思うのですよね

気づくのは最後は彼らだけど

そこに持っていくのは

色々な方法や可能性を見せるのは

親の役割であるようにも

思います

 

そんな息子が娘に言えることは

中1からがんばれ!

あの時はおれもわかっていなかった。。。

ということでした

 

みんな 思っていることですね

みんなが通る道なのでしょう

娘もまだまだわかっていないトンネルの中です

でも少しだけ 気づき始めているのかなぁ

 

 

 

 

スポンサーリンク