コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

働き方について

 

スポンサーリンク

 

私は会社員です

夫も会社員です

 

最近の働き方について

思うところ 変化を感じるところは

あります

 

世の中が変わっていっていることを

よく感じます

 

セクハラは男性から女性へだけとは

限りません

女性も色いろな〇〇ハラスメントを

やらかしているところもあります

 

新婚さんに お子さんの催促話は

してはいけないと思います

 

太っている または 髪が薄くなっている方に

笑いとして直球を投げてはいけないと

思います

 

男性の方が気を遣ってくれています

年齢の話

子どもの話

結婚の話

 

最近では若い社員に早く会社にきて

掃除をしておくように~などと

思う人はいません

 

就業時間15分前には席にいて~と

いう考えは表立っては言いません

 

様々なところで働き方改革というか

皆さんに対して働き方は様々なんだと

感じることが多いです

 

生き方が様々なのですから

それぞれ皆さんのおかれている

私生活の状況もそれぞれだと思います

 

ダイバーシティーを理解することが

大事ですよね

 

ダイバーシティーとは

1 多様性。相違点。
2 企業で、人種・国籍・性・年齢を問わずに人材を活用すること。

こうすることで、ビジネス環境の変化に柔軟、

迅速に対応できると考えられている。

 

結婚しない人もいます

子どもをあえて持たない人もいます

結婚しても別姓を求める人もいます

性別を関係なく恋愛感情が存在します

 

海外にいた私は

高校のころ 部活の先生は女性でしたが

女性のパートナーがいました

黒人の友達がいて 私たちアジア人は

中国、韓国、日本 皆さんそれほど

違いがわかっていなくて

何度もチャイニーズ?と聞かれました

 

違った相手を受け止める

違う相手を理解する

 

それだけで 幾分も頭の中や

これからの生活が変化することを

身をもって知りました

 

相手が〇〇なのよ

 

と聞かされたとして

あ、そうなんだーとだけです

 

何の話をしているかというと

頭の固い昔ながらの人に

もっと

世の中の動きを理解してもらいたい

世の中の〇〇ハラスメントというか

お世話を焼きたがるのも一つのハラスメント

年齢のことを話題にするのもある意味ハラスメント

そういうことなんだということに

気が付いてもらえたらなと

思います

 

会話のしにくい世の中になったわと

思う人がいるかもしれませんが

 

それを理解してもらいたいと

思うのです

 

社会は刻一刻と変化しています

 

変化していると言えば。。。。

宮迫さんと亮さんの会見も

一石を投じたように思います

あの会見を見て

smapsmapでのやらされている感

たっぷりの

本音と違う会見の姿を思い出しました

宮迫さんたちが吉本興業の求めた

会見をしたとしたら そんな

空気が漂ったのでしょうね

 

本意ではないというのは

伝わるものです

 

働いている側

雇用している側

芸能人も会社にたてつくことは

すごく怖いことだと思います

私たちも会社の思うこと

行き先がわからず不安になることもあります

 

最近 そんな様々な面から

今までなぁなぁにしていた部分が

そのままではよくないということを

個々が理解して

会社も理解して

行かないといけないと思うのです

 

 

スポンサーリンク