コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

子どもへ残すお金

 

スポンサーリンク

 

昔、母との会話で聞いたことで

母が〇〇歳くらいに亡くなったら

このお金はあなたに行くからねと

言われたことがありました

 

実家もこの家はあなたに残すからねと

言われています

賃貸で貸し出せば 立地はいいから

いくらかにはなるでしょうと。。。

たぶんなるとは思います

(でも残されても困るのが本音です

県外ですし。。。)

 

兄には経営している仕事関連で

すでに家は渡し済なのです

 

私の答えは 兄弟でもめ事には

なりたくないので わかりやすくしていて

もらえたいいと思っています

 

そういう話はよくしているので

私自身子供に残すお金については

考えてきました

 

子どもに外貨保険を支払い済に

しているものがあります

これらは教育費にするつもりではなく

彼らが50年後60年後に手にすれば

いいと思っています

解約返戻金は100%以上にはなると

思うので。。。お守りみたいなものかな

f:id:sakurakokun:20190627104357j:plain

 

それから変動型保険も支払い済です

投資先によって結果は変わります

シュミレーションでは7%までの内容で

出してくれました

子ども名義は今こんな感じでした

f:id:sakurakokun:20190627104416j:plain

 

私名義⇒子供にわたる予定は

f:id:sakurakokun:20190627104434j:plain

 

画面にあるようにこれは

『将来の運用実績を保障するものではありません』

 

少しまとまったお金があって

子供が小さく、特に使用先がなかったので

預貯金より何か少しお得になるお守りみたいな

ものにしてみようと思いました

もうずいぶん前のことです

 

払い済になっている金額がどう変化していくのか

50年後のことは私にはわかりませんが

まぁ支払った金額よりは多少多いのでは

ないかな。。。と

私名義も私が長く生きればそれだけ

運用が長くなるので 多少は長生きする必要も

ありそうです

 

普通は子供が小さい時は子供たちの

教育費について貯めたりするもの

なのでしょうが

私はこれらはなかったことにして

こんな形にしてみました

 

こういう人(私)もおりますが

これらは投資や運用が入っていますので

結果はわかりませんし

いざ途中でお金が必要になったときに

解約すると支払い額より下回り 

損をすることが多いです

外貨はそのときの為替により変動します

リスクを理解しておくことが大事ですね

 

投資もしますが

これらも保険も人にすすめたりは

したことはありません

 

私の確定拠出年金の運用率は5.3%でした

夫のidecoの運用率は現在 3.8%でした

 

こういったことも色いろして

生活しています

今後の目標は投資の方にまわせたらいいな

やっぱり時間が味方になるので

早くからスタートさせた方が複利の効果が

期待できると思っています

 

子どもへのお祝い金 お年玉も

現金ではなく彼らの証券口座に入れています

大した趣味もないので 小金を育てる

ウォッチャーなようなことをしています

 

株もしますし(今もマイナスなのがありますよ)

不動産投資もしていました

色いろ経験しているので損切してきた

こともあります

勉強代だったとは思っています

お金はコツコツと時間をかけてが

いいと思っています

 

無駄な必要のない支出は控えています

収入を増やす努力もしてきました

こういうこと子供たちにも伝えたいな

 

 

スポンサーリンク