コツコツ生きる40代の私

40代 共働き夫婦と子供2人の生活ブログ

娘の学校行事

f:id:sakurakokun:20181118114052j:plain

 

スポンサーリンク

 

週末娘のガッコウの行事がありました

もうすぐ卒業なので

みんながそろっている姿をみると

あぁ 大きくなったなぁと

感慨深くなります

 

娘は小5のとき 色いろありました

今はクラスが違いますが

小5のころから女の子の一部の子が

派手になってきて

そして ボス化していき

取り巻き達とともに 行動が

エスカレートして 命令したり

いじめになることをしたりして

クラスが崩壊しつつありました

 

ダメなことに従いたくない娘は

ターゲットの一人となり 辛い時期も

ありましたが

公文仲間が助けてくれたので

その期間は短いものでした

 

でもそれからもボスの行動は

他の子に被害を加え続けて

クラスも娘もみんな振り回されて

辛い思いをしたのです

 

原因の一つに担任の先生の

大人として 

先生としての

子供達を導く考え方や方針が

ぶれていたせいだと思っています

その場しのぎの 相手と状況に

応じて 答えが変わるので

子供たちが信頼できずに

ボスたちになめられたのでしょう

 

私が先生とお話させてもらった際も

ぶれているなと感じましたし

 

そんなことも人生の中ではあるでしょうから

人との付き合い方 どういう子が友達なのか

娘も考えるようになりました

何もない人生などないのですから

こういうことも勉強になったと

親子で思っています

 

今年は去年のごたごたがあり

どのクラスの先生も評判の

しっかりした方が担任になっています

普通 一人くらい 

これから指導を学んでいくタイプの

先生がいらっしゃるのにね

 

でも保護者からしてみたら

きちんと子供にダメなことを

なぜだめなのか指導できる

一本筋の通った人がありがたいです

先生がダメというのだからダメ

大人の言うこと聞きなさいという

スタンスでは理解できないのですよね

大人の都合でそのときそのときで

良い悪いを変えないでもらいたい

 

あと きっと 愛情なのかな

愛情を感じられるかどうか

子供は感じているのだと思います

 

子供はすごくよく見ていて

すごくよく理解しているのですよね

 

そんなわけで 今年は楽しんで

学校生活を送っているようです

自分たちで考えて 

あれこれやっているみたい

 

ちょっと休みの日にお化粧して

歩いているお友達も見かけるけど

昔から知っている子だと

心配しちゃうけど

みんな 大きくなったなって

そして それぞれが好きなことを

進めていて 個性が出せて

若い子って子供っていいなぁって

思っています

 

好きなことにのめりこめるって

若いからこその特権ですから

アニメが好き

ダンスがすき

ダンスでもヒップホップが好き

クラッシックバレーが好き

野球が好き

ファッションが好き

韓国アイドルが好き

サッカーが好き

なんだか そういうのを

見ているだけでワクワクします

 

この子たちは一体どんな未来が

待っているのかなって

思います

 

そして うちの子は???

 

私はわが子といえ その子はその子の

人生があり 好みがあるのだから

私の理想を押し付けたり 期待通りに

歩かせよう 動かそうとするのは

しないでおこうと思っています

 

英語は私が伝えられる役に立てる

唯一のことだから

少しだけ 押し売りしているかな

でも役に立つことですし・・・

 

さて 娘の卒業式に向かって

何を着るのか考えなければ

娘のはなしですよ 私はあるものを

着ます

 

とりあえず入学式のころのスーツも

入るので ジムの効果はありがたく

感じております

親はあるものでいいのです

主役は娘っこですから。

 

 

スポンサーリンク

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村